AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

かえるの宿で民泊 台湾から高校生21人

 和歌山県印南町の教育旅行誘致協議会「いなみかえるの宿」はこのほど、台湾の台北市立西松高級中学の生徒21人を受け入れた。生徒はかえるの宿のメンバーの家庭に1泊した。

 同校は日本では高校生に当たる。教育旅行で来日して大阪府内を巡った後、和歌山市の向陽高校を訪れて生徒と交流し、白浜町内に宿泊した。

 印南町では、宿の事務局がある同町印南原のアグリコミュニティ稲原で、かえるの宿の辻井修会長らの出迎えを受けた。

 歓迎式で辻井会長は「われわれは『一度泊まれば親戚』をモットーにしている。滞在時間は短いが、遠慮せずに親戚の家に来たつもりで甘えてください」とあいさつした。

 生徒を代表して張靖柔さん(16)が「はじめまして。民泊ができてうれしいです。皆さんの笑顔を見て温かい感じがしています。良い思い出をつくりたいと思います。機会があれば台湾に来てください」と述べた。


写真【受け入れ家庭となるかえるの宿のメンバー(右側)と対面する台湾の生徒=和歌山県印南町印南原で】

更新)