AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

参院選に藤井氏が出馬表明 元和歌山弁護士会会長

 元和歌山弁護士会会長の藤井幹雄氏(58)が7日、今夏の参院選和歌山選挙区に無所属で立候補すると表明した。「改憲阻止」を狙い「安倍政権に対するノーという皆さんの声を集めたい」と意気込みを述べた。連合和歌山や国民民主党が推薦を決めている。

 和歌山市のホテルで記者会見があり、藤井氏と連合和歌山の池田祐輔会長が出席した。

 藤井氏はかつらぎ町出身で在住。東大法学部卒業の弁護士で、2016年度に和歌山弁護士会会長を務めた。

 藤井氏は会見で、安倍政権について「ほとんどの憲法学者が憲法違反と指摘する安保法制を強行採決という乱暴な形で通した。憲法の私物化だ」などと批判。「数の横暴による暴走政治を止めなければいけない。『安倍のための安倍による安倍の改憲』を阻止するのは、参院選が天王山である。真正面から取り組まないといけない」と強調した。

 次期参院選和歌山選挙区には今のところ、自民現職の世耕弘成氏(56)=経済産業相=、共産新顔の前久氏(62)が出馬を予定している。


更新)