AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

南紀熊野ジオパークで現地調査 再認定が妥当か判断

 国内の地球科学研究者らでつくるジオパークの公式認定機関「日本ジオパーク委員会(JGC)」は5日、和歌山県紀南地方9市町村に広がる「南紀熊野ジオパーク」の現地調査を始めた。日本ジオパークの再認定が妥当かどうかを判断する。現地調査は8日まで。可否は来年1月18日に決定する予定。

 南紀熊野ジオパークは2014年8月28日、国内の貴重な地質遺産として日本ジオパークに認定された。日本ジオパークを維持するためには4年に1回、再認定のための調査を受ける必要がある。

 このため9月13日、日本ジオパーク委員会事務局に現況報告書や自己評価表などを提出。それを受けて委員会が現地調査を始めた。

 調査に訪れたのはJGC委員の渡辺真人さん、調査運営部会会員の岩本直哉さん、現地審査員の臼井里佳さんの3人。南紀熊野ジオパークのエリアにあるいくつかの地質遺産を巡り、各市町村の首長や担当職員、ガイドらに聞き取りして、地質遺産の保全のほか、活用の仕組みと取り組み、前回の審査時からのジオパーク活動の進展状況などを調べている。

 6日午前には、すさみ町口和深にある「フェニックス褶曲(しゅうきょく)」や「沖の黒島」「婦夫(めおと)波」を船で巡るツアーの状況を確認した。


写真【ガイドの案内で船上から褶曲を眺める日本ジオパーク委員会委員ら(6日、和歌山県すさみ町口和深で)】

更新)