AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

ボルダリング大会に139人 みなべ町

 第4回梅の里カップ・ボルダリング大会(梅の里スポーツクライミング事業実行委員会主催)が4日、和歌山県みなべ町清川の旧清川中学校体育館であり、過去最多の139人が出場した。

 体育館に設置しているボルダリング壁(高さ約5メートル、幅約20メートル)に課題のルートを設定し、オープン、ミドル、ファンクラス、ジュニア、ジュニアファンクラスの5カテゴリーに分かれて競技した。

 県内だけでなく奈良県や大阪府、兵庫県、愛知県、三重県などから参加者があった。午前中に予選、午後からは決勝をした。選手は普段の練習の成果を発揮し、仲間から「ガンバ ガンバ」と声援を受けながら壁登りに挑戦した。

 参加者の最年少は6歳。最高齢の大園敬秀さん(58)=和歌山市=はミドルクラスで4位と健闘した。


写真【大勢の参加で熱気にあふれた梅の里カップ・ボルダリング大会(和歌山県みなべ町清川で)】

更新)