AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

山の学校に海の生き物 移動水族館がやって来た

 和歌山県田辺市龍神村湯ノ又、龍神小学校体育館で10日、海南市の県立自然博物館の「移動ミニ水族館」による体験授業があった。全校児童16人が、生きたサメやヤドカリなどに触れた。

 同校は標高395メートルの山間部にあり、児童は海水浴や磯遊びをすることが少ない。海の生き物に触れることで心が動き、新しい気付きにつながればと、同博物館の協力で実施した。

 授業前、古久保功校長が「図鑑などで魚のことは知っていると思うが、新しい体験をすると心に栄養を与えることができる。今日はいっぱい触って楽しんで」とあいさつした。

 講師は、同博物館の竹中利明学芸員と小泉奈緒子学芸員が務め、触る時の注意点などを話した。

 体育館には海水を入れた二つのミニプール(縦80センチ、横1メートル)を用意。エイラクブカ、アカエイ、ヤドカリ、ナマコ、ウニなどの生き物を入れて自由に触ることができるようにした。

 別の容器には、全長約20センチのアカウミガメの子どもや、ミドリガメとしてペットショップで売られているミシシッピアカミミガメなど、水槽にはエイラクブカやハナミノカサゴを泳がせて観察できるようにした。

 児童は、恐る恐るサメやウニなどに触って歓声を上げ、全長約2メートルのアオダイショウを首に巻くなどして写真を撮った。


写真【海の生き物に触れる児童(10日、和歌山県田辺市龍神村湯ノ又で)】

更新)