AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

仁坂陣営が事務所開き 和歌山県知事選

 任期満了に伴う和歌山県知事選(11月8日告示、25日投開票)に向け、4期目を目指す現職の仁坂吉伸氏(68)の後援会が6日、県庁近くの和歌山市小松原通1丁目に事務所を開いた。国会議員や支援者らが集まり、必勝を祈願した。

 県内出身の国会議員や県議、自治体の首長、企業関係者らが出席し、神事が執り行われた。仁坂氏はあいさつで3期12年を振り返った上で「これから和歌山が伸びていく条件が整ってきた。皆さまの力を借りながら、県政をよくしていくために一生懸命頑張っていきたい」と決意を述べ、支援を求めた。

 自民党の二階俊博幹事長も駆け付け「圧勝できるように皆さんのさらなる協力を心からお願いしたい」と呼び掛けた。

 知事選には他に、市民オンブズマンわかやま事務局長の畑中正好氏(66)=共産推薦=が出馬を表明している。


写真【和歌山県知事選に向けた事務所開きであいさつする仁坂吉伸氏(6日、和歌山市で)】

更新)