AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

熊野古道の通行制限解除 滝尻−本宮間が歩けるように

 和歌山県田辺市は14日、台風20号の影響で一部通行できなくなっていた世界遺産・熊野古道中辺路の通行制限を解除すると発表した。これにより15日から滝尻王子―熊野本宮大社間が通して歩けるようになる。

 通行制限を解除するのは熊野高原神社―牛馬童子口バス停と小広王子―発心門王子。台風による大雨で崩落や崩土があった。復旧には時間がかかるが、迂回(うかい)路を設置した。市は14日中に迂回路を示す看板を設置する。

 赤木越(湯の峰温泉―赤木越分岐)は船玉神社周辺の崩落、潮見峠の捻木ノ杉―潮見峠の区間は一部崩落により、通行できない。

 市観光振興課は「今後の天候次第で新たな倒木や崩落の可能性もある。通行情報はホームページなどを通じ、発信するので、十分注意した上で、古道歩きを楽しんでもらいたい」と話している。


更新)