AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

白良浜の海水浴客微減 猛暑、台風が影響

 今年の夏(7月1日〜8月31日)に和歌山県白浜町の白良浜を訪れた海水浴客は45万5300人で、昨年夏に比べて5千人少なかった。また白浜、椿温泉街を訪れた観光客は日帰り、宿泊を合わせて計68万9100人で、昨年比だと2万5千人余り減った。町観光課は、台風の接近など天候が影響したとみている。

 町観光課の日別データによると、白良浜の海水浴客は7月15日が2万2700人で最多。次いで白浜花火大会があった8月10日で2万2千人、盆明けの8月16日が2万400人などと続いた。

 白良浜の海開きは今年が7月1日、昨年は7月15日だった。海水浴客が減ったことについて、観光課では「猛暑や台風の影響で苦戦した」としている。8月は遊泳禁止にした日も多かった。


写真【昨年よりも海水浴客が減った白良浜(8月、和歌山県白浜町で)】

更新)