AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

密漁は犯罪です キャンプでイセエビ捕らないで

 和歌山県みなべ町堺地区の森の鼻で密漁者が後を絶たず、地元漁業者が頭を痛めている。キャンプやバーベキューをしに来た人が、イセエビや魚などを突いて捕るケースがあるという。町は新たに「監視強化中」と書いた看板を設置し、漁業者や関係者がチラシを配布して啓発にも取り組んでいる。

 町沿岸海域は共同漁業権が設定されており、権利者以外がイセエビやアワビ、ナガレコ、ヒジキ、ワカメ、ヒロメなどを取ることは禁止されている。県の漁業調整規則によって、遊漁者はもりや「ヤス」と呼ばれる道具で水産動植物を取ることも禁止されている。また、地元漁業者団体地先組合は森の鼻をイセエビの保護区にもしているという。

 森の鼻には小さな浜があり、トイレやシャワーが設けられているため、家族連れなど海水浴客が訪れるが、近年、キャンプやバーベキューをする人の中に、もりやヤスを持ってイセエビや魚などを捕る人が目立ってきたという。

 漁業者は「多い年には10回くらい注意しに行く時もある。海へ沈めて隠すなど巧妙になっているし『してない』『なぜ悪い』などと言うたちが悪い人もいる。そのうち騒動や事件にならないか」と危機感を募らせている。


写真【新たに設置した看板】

更新)