AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

炎天下で滝の絵制作 紀伊有田駅の芸術イベント

 和歌山県串本町有田のJR紀伊有田駅で6日から、和歌山市の画家、松尾ゆめさん(31)が壁画を制作している。『え?こんなところにこんな駅?』をテーマに水性ペンキで有田の名所「吐生(はぶ)の滝」をイメージした絵などを描いている。14日に完成する予定。

 18日から始まる芸術イベント「紀の国トレイナート2018」(実行委員会主催)に向けた活動。松尾さんが同駅で壁画を描くのは3年目。これまで描いてきた海を中心にイメージした絵を山で囲むような作品に仕上げている。松尾さんが創作したオリジナルキャラクター「まるぞう」も絵の中に隠れている。

 炎天下、午前9時から午後6時ごろまで汗だくになって作品を仕上げている松尾さんは「近くに来ることがあったらぜひ見てほしい」と呼び掛けている。 


写真【紀伊有田駅で壁画を制作中の松尾ゆめさん(和歌山県串本町有田で)】

更新)