AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

新宮―熊野の事業化を 高速道紀南延長促進協が総会

 和歌山県御坊・日高以南の17市町村や関係団体でつくる「高速自動車道紀南延長促進協議会」(会長=田岡実千年新宮市長)の総会が7日、新宮市内であった。田岡会長は本年度に串本町と那智勝浦町を結ぶ「串本太地道路」が新規事業化されたことなどを挙げ「悲願である紀伊半島一周高速道路が現実のものとなってきている」と話した。総会では、未事業化区間である新宮市から三重県熊野市の間の早期事業化などを求める決議案を承認した。

 協議会事務局によると、紀伊半島一周の高速道路は現在、県北部から見ると、紀勢自動車道の「すさみ南インターチェンジ(IC)」までが2015年8月に開通。すさみ町と串本町を結ぶ「すさみ串本道路」(延長19・2キロ)は今年4月に起工式を開いて工事を進めており、続く「串本太地道路」(延長18・4キロ)も事業化された。

 那智勝浦町と新宮市を結ぶ「那智勝浦新宮道路」(延長15・2キロ)は15年9月に全線開通しており、熊野川の河口を越えて新宮市と三重県紀宝町を結ぶ「新宮紀宝道路」(延長2・4キロ)も、昨年12月に起工式を開催。ただ、新宮紀宝道路を除いた新宮市から三重県熊野市の間(延長21キロ)は事業化されておらず、三重県熊野市から熊野尾鷲道路の「熊野大泊IC」までの「熊野道路」(延長6・7キロ)についても事業化したものの、工事着手はしていないという。


写真【高速道路の紀伊半島一周の早期実現などを求めた高速自動車道紀南延長促進協議会の総会(7日、和歌山県新宮市で)】

更新)