AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

アジのつかみ取りに歓声 みなべで夏の子どもまつり

 和歌山県みなべ町の堺漁港で5日、「夏の子どもまつり2018」があった。町内の子どもたちが、アジのつかみ取りやイカをさばいて一夜干しを作る体験などを楽しんだ。

 町内の地域づくりに関わる団体や漁協、森林組合、備長炭生産者組合などでつくる実行委員会主催。開会式で、実行委員会の畑崎祐基子会長は「元気いっぱいのアジを頑張ってしっかり取ってください。最後まで楽しんで」、紀州日高漁協南部町支所の小前進之事務長は「魚をどんどん食べて健康で丈夫な体をつくってください」と呼び掛けた。

 アジつかみ取りでは約千匹を用意した。園児と小学生が軍手をはめて、二つのプールに分かれて挑戦。必死にアジを追い回した。小学生は「アジが泳ぐのが速かったけど、楽しかった」などと話した。

 備長炭で焼いた目刺しの試食、みなべ沖でその日の朝に刺し網で取れたイガミやヘダイ、カワハギ、カサゴなどが当たる抽選会もあった。


写真【アジのつかみ取りを楽しむ子どもたち(5日、和歌山県みなべ町堺漁港で)】

更新)