AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

和歌山県議会議長に藤山氏 戦後最年少で就任

 和歌山県議会は13日、新しい議長に藤山将材氏(42)=自民、海南市・海草郡選出=を選んだ。戦後に就任した議長では最年少。副議長は岸本健氏(47)=自民、紀の川市選出。議長、副議長は慣例により、1年で交代している。

 40議員による無記名投票で決めた。議長選は藤山氏が39票を獲得。無効票は1票だった。岸本氏は38票を獲得、無効票は2票だった。

 藤山氏は海南高卒。2003年に初当選し4期目。これまでに副議長のほか、議会運営委員会、総務委員会、農林水産委員会、経済警察委員会、文教委員会の各委員長などを務めた。

 岸本氏は拓殖大卒。衆院議員を経て、07年に県議に初当選。3期目。議会運営委員会、総務委員会、建設委員会の各委員長などを歴任した。


更新)