AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

子育て情報分かりやすく 串本町がガイドブック

 和歌山県串本町保健センターは「串本町こそだて応援ガイドブック」を作った。子育てに関するさまざまな情報が分かりやすく紹介されている。

 同センターによると、町内には警察や自衛隊といった官公署などがあり、地元の出身でない人が赴任してきて子育てしているケースが多い。子育てに関する情報誌がないか聞かれることが多く、過去に他の団体が作った物はあったが最近はないことから、同センターで作ることにした。

 昨年夏、町内で子育て支援をしているNPO「あったカフェ」を利用する子育て中の母親約10人に集まってもらい、座談会形式で、どういう情報が載っていたら便利かを聞いた。「保健センターがどんな事業をしているのか分からない」「遊びに行ける場所を教えてほしい」「おむつ換えシートのあるトイレの場所が分かればありがたい」などの意見があり、それらを反映させた。

 事業費15万円で300部を作成。フルカラーで16ページ。4月1日から、同センターに妊娠したことを届け出に来た妊婦らに配布している。表紙には、町のマスコットキャラクター「まぐトル」や橋杭岩、町の魚であるトビウオ、町の花であるスイセンなどをあしらい「子どもとの生活を楽しもう!」と呼び掛けている。


写真【子育て関連情報を一元化したガイドブック】

更新)