AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

「育って飛ぶのを見たい」 龍神中でホタル移し替え

 ホタルの飼育に取り組んでいる和歌山県田辺市龍神村安井、龍神中学校の生徒が10日、幼虫を水の入った容器から砂や土の入った水槽に移し替える作業をした。幼虫がさなぎになるための準備で、5月には成虫になって飛び始めるのを生徒らが観察するという。

 同校は、ホタルの里復活に取り組んでいる「龍神お宿の会」(切林英治会長)から昨年9月、幼虫100匹を譲り受けた。飼育経験のある山崎学校長(59)が、校長室前の廊下の窓際に飼育用の容器を設置し、環境学習の一環で幼虫の餌となるカワニナとともに育てていた。

 自然界ではこの時季、幼虫が川から陸に上がり、土中に繭を作ってさなぎになる準備に入るため、山崎校長が容積約150リットルの水槽を新たに用意。その中に砂や赤玉土などを入れて、幼虫が繭を作る場所にした。

 幼虫の移し替えは生徒が割り箸を使い、容器から体長2〜3センチの幼虫約50匹を取り出した。バケツにいったん集めて水槽に入れた。


写真【山崎学校長(左)の指導でホタルの幼虫を水槽に移し替える生徒=和歌山県田辺市龍神村安井で】

更新)