AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

923人駆け抜ける 白浜でリバーサイドマラソン

 第27回南紀日置川リバーサイドマラソン(実行委員会主催、紀伊民報など後援)は12日、和歌山県白浜町日置の日置小学校を主会場にして開かれた。923人が参加し、秋晴れの下を走った。

 ハーフマラソン、5キロ、3キロと、子どもと保護者が一緒に走るファミリー(2キロ)、バンビ(1キロ)の5部門があった。参加者は順次、日置小前をスタート。沿道からの応援を受けながら、同小グラウンドのゴールを目指した。招待選手の加納由理さん(39)は5キロ部門に参加。コース上で立ち止まり「頑張れ」「あと少し」と参加者に声を掛けていた。

 ファミリーとハーフ部門に参加した田辺市消防本部職員の宮原誠さん(38)=上富田町市ノ瀬=は「(ハーフは)アップダウンの激しい所もあってきつかったが、何とかゴールできた」。3キロを走った白浜町の白浜第一小学校4年の日高海音さん(10)は「ゴール直前の上り坂はきつかったけれど、完走できてよかった」と振り返った。


写真【一斉にスタートするハーフマラソン部門の参加者=12日、和歌山県白浜町日置で】

更新)