AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

柿の新品種は「紀州てまり」 和歌山県、大玉で美味

 和歌山県かき・もも研究所(紀の川市)は、柿としては初めての県独自品種となる「紀州てまり」を開発した。大玉で味が良いのが特長で、柿の価格向上を目指す。2020年から試験出荷する予定。研究所の熊本昌平主査研究員(41)は「全国でもトップブランドとしての地位を確立できるようにしたい」と話している。

【和歌山県かき・もも研究所が県初の独自品種として開発した「紀州てまり」(県庁で)】

[続きを読む]

更新)