AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

和歌山県は総合26位 愛媛国体が閉幕

 第72回国民体育大会「2017愛顔つなぐえひめ国体」(愛媛国体)は10日、閉幕した。和歌山県は総合26位だった。

 和歌山県選手団は、地元開催だった2015年の和歌山国体で天皇杯(男女総合優勝)を獲得。昨年の岩手国体は総合20位だった。今回は10位台を目標にしていた。得点は934・5点(競技得点534・5点、参加点400点)。女子総合(皇后杯)は28位だった。

 県選手団の山本祥生総監督(県体育協会理事長)は「今年も高い競技力を維持している競技がある一方、入賞が期待されたが本来の力を発揮できず、課題が残った競技もあった。課題を県競技力向上対策会議や各団体と連携して解決し、国体選手のサポートをより一層推進する」とコメントした。


更新)