AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

競馬、渡御行列盛大に みなべ町の須賀神社

 和歌山県みなべ町西本庄の須賀神社(前芝弘知宮司)で8、9日、秋祭りが営まれ、競馬(くらべうま)やにぎやかな渡御行列が集まった多くの見物人を楽しませた。

 宵宮の8日、「競馬神事」が営まれ、境内の馬場を2頭の馬が競い合って駆け抜けた。

 上ノ尾、下ノ尾、常楽、谷口、新庄、東本庄の6地区の馬が出走。約250メートルある馬場の両側で多くの見物人が見守り、力強く駆け抜ける馬に拍手を送った。

 騎手になって4年目という同町筋の団体職員、樫山真弥さん(24)は「1回目は2頭合わなかったが、2回目はそろって走ることができた。緊張するけれど楽しい。これからも伝統を残していけるよう頑張りたい」と笑顔だった。


写真【迫力ある走りで見物人を沸かせた競馬神事(和歌山県みなべ町西本庄で)】

更新)