AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

梅泥棒に注意を 警察やJAが警戒

 昨年2月から今年5月にかけて、和歌山県のみなべ町や田辺市で南高梅の梅干しが入ったたるが盗まれる事件が相次いだ。被害はたる約千個(約10トン)に上る。今季、南高梅は不作傾向で、取引価格も高値となっているだけに、田辺署のほか、JAや自治体が「梅泥棒」の警戒に乗り出している。

 田辺署によると、2016年にあった梅だるの窃盗は4件。2月にみなべ町で約200個、9月に田辺市下三栖で約220個、10月にみなべ町で約200個、11月に同町で約300個盗まれている。夜間に倉庫の錠を壊して侵入して盗んだとみられ、今年の5月には田辺市芳養町の倉庫で梅干しが詰められた出荷直前のたる67個(670キロ)が盗まれている。

 収穫した梅は、塩漬けして天日干しにした後、8月ごろからたるに入れて保管するという。田辺署ではパトロールを強化するとともに、管内の梅農家にセンサーライトの設置や倉庫の施錠を徹底するなどの注意を呼び掛けている。また、JAでも各支所を通じて、ポスターやチラシなどで管内の梅農家に注意を促している。


写真【青果市場で競りにかけられる南高梅(17日、和歌山県田辺市稲成町で)】

更新)