AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

南高梅が不作 加工用の確保も難しく

 和歌山県内で今季は梅の主力品種「南高」が不作傾向だという。春先の寒さで実が少なかったのに加え、5、6月に雨が少なく、実太りが悪いためで「近年にない凶作」という農家もいる。加工業者は梅の確保に苦労しており、価格は不作だった2012年並みの高値となっている。

【加工用の熟した梅を収穫する農家。少雨の影響で小さく、青い梅もあるという(14日、和歌山県田辺市上三栖で)】

[続きを読む]

更新)


ロード中 関連記事を取得中...