AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

県警OBが啓発に一役 特殊詐欺防止

 今年に入り「オレオレ詐欺」や架空請求詐欺など、和歌山県内の特殊詐欺被害が深刻さを増している。3月までの認知件数、被害額とも昨年同期比の2倍近い。県警は警察OBを活用した「特殊詐欺被害防止アドバイザー」事業を導入し、助言や啓発に力を入れていく。

【「特殊詐欺被害防止アドバイザー」発足式で、県警の寺園勝人生活安全部長(左)に宣誓する松嶋伸夫さん=14日、和歌山県警で】

[続きを読む]

更新)


ロード中 関連記事を取得中...