AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

梅の機能性、遺伝子レベルで解明へ みなべ町が近大に委託

 和歌山県みなべ町は本年度、梅の機能性に関する遺伝子レベルでの研究を、近畿大学生物理工学部(紀の川市)に委託して進めている。すでに知られている機能性の根拠解明や新たな機能性の発見が目的。また町は3月、熱中症や生活習慣病予防、疲労回復など、これまでの研究成果の報告会を開き、成果をまとめたパンフレットを新たに作って、PRしていく計画にしている。


[続きを読む]

更新)


ロード中 関連記事を取得中...