AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

串本古座高校が全国募集 愛知、大阪で説明会へ

 和歌山県串本町の串本古座高校(愛須貴志校長)は、今春の入学生から始まる全国募集に向け、受け入れ態勢を整えたり、県外で広報活動したりするなど、準備を進めている。出願時期を前に、21日には愛知県、22日と2月15日には大阪府で説明会を開くなどし、応募者の確保に努める。

 串本古座高校の再編整備で、2017年度から古座校舎の生徒募集を停止し、串本校舎へ募集を集約する。新しい串本古座高校が誕生し、新設するグローカルコースの生徒を全国から募集する。全国募集(県外からの受験)の定員は、普通科の募集定員120人の5%程度としており、6人程度。全国募集枠で入学した生徒は、2年次のコース選択で原則グローカルコースに進む。

 このコースは、串本町や古座川町周辺地域の自然、文化などに関する学習を通じて、地域に貢献できる人材を育成する地域未来創造コース。ラムサール条約登録の海や南紀熊野ジオパーク、日本トルコ友好の地などについて学習する。グローバル(世界基準)な視点を持ち、主体的、協働的に行動するローカル(地域)リーダーの育成を目指す。

 全国募集する生徒の下宿先として、町内2カ所の民宿を用意している。全国募集を知ってもらおうと、同校の職員が年末年始、大阪府の堺市以南の38中学校と三重県の松阪市周辺の16中学校を回り、広報活動をした。

 問い合わせは同校串本校舎(0735・62・0004)へ。



更新)