AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

南国ムード色とりどり 温室にブーゲンビリア150種

 温室内は南国そのもの―。和歌山県白浜町立ケ谷、井成幹男さん(64)方の温室で、約150種・約800鉢のブーゲンビリア(オシロイバナ科)が色彩豊かに色づいた。「国内の園芸品種の大半がある」と井成さん。冬季の水やりは週に1回程度でいいが、毎日2時間温室に入り、木の健康状態に気を配っている。

 当初は自宅ベランダで育てたが、すぐに手狭になり、自宅から数キロ離れた所有地に自動で加温と天窓の開閉をする温室(広さ約150平方メートル、高さ最大5・5メートル)を造った。

 今月に入って一段と鮮やかなピンクや朱、オレンジ、紫、白色に色づき、色紙をちりばめたような光景に。4月ごろまで観賞できるという。


【鮮やかな色彩に包まれたブーゲンビリアの温室(和歌山県白浜町立ケ谷で)】

更新)