AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

新宮災害史誌を自費出版 防災担当した元市職員

 元和歌山県新宮市職員の上野山巳喜彦さん(63)=三重県御浜町=は、新宮の災害の歴史をまとめた「新宮市災害史誌」(B5サイズ、428ページ)を自費出版し、新宮市などに寄贈している。新宮が関係した過去2千年の災害を紹介しているほか、昭和の南海地震や紀伊半島大水害などの被災者から聞き取るなどした延べ約170人の「生の声」を掲載している。

【和歌山県新宮市の田岡実千年市長(右)に自費出版した「新宮市災害史誌」を贈呈する上野山巳喜彦さん=和歌山県新宮市で】

[続きを読む]

更新)


ロード中 関連記事を取得中...