AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

合気道開祖の顕彰施設建設へ 田辺市、新武道館に併設

 和歌山県田辺市は、同市出身の合気道創始者、植芝盛平(1883〜1969)の顕彰施設建設へ向け、今月にも基本構想策定の委員会を設立する。構想では老朽化した市立武道館(目良)を建て替え、併設する。合気道は世界130カ国に広まっている。新武道館を充実させることで、武道関係の合宿や大会、観光客の誘致を図る。

【田辺市立武道館の建て替えを機に植芝盛平の顕彰施設建設が検討されている(和歌山県田辺市目良で)】

[続きを読む]

更新)