AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

釣っとコラム ニザダイと戯れる

 先日、職場の後輩と2人でグレを狙って串本町に出掛けた。結果はボウズだったが、大型のニザダイ(地方名サンノジ、クロハゲなど)と戯れた楽しい一日だった。

 この日の天気予報は落ち。持病の腰痛もあって安全な湾入り口の磯に渡礁した。潮当たりの良い磯の先端は後輩に任せ、足場がしっかりした船着きで”店”を広げた。フカセ釣りは5年ぶりで、仕掛けの準備もままならない。

 やっとの思いで仕掛けを投入すると、すぐに当たりがあった。その魚は海底をはうように走り、1・5号のハリスは簡単に切られてしまった。「ひょっとしたらイズスミかも」とハリスを2号にアップして投入。すぐに大きな当たり、今度は切れない。しばらくやりとりをして浮いてきたのは大きなニザダイだった。全長は40センチを優に超える。よく肥えていて重さも2キロぐらいはありそうだ。後輩にタモ網ですくってもらった。

 針を外そうとしたところ、口の中に古い針が2本も掛かっていた。「お前も修羅場をくぐってきたんだな」としみじみ。

 その後も立て続けにニザダイがヒット。結局、45センチを筆頭に、40センチ前後が10匹も釣れた。その間、2回切られ、1回はウキごと持っていかれた。

 翌日、さおを支えていた左腕と腰が痛い。外道とはいえ、面白い釣りをさせてもらった。紀南の海に感謝、感謝。(海)

写真【大型のニザダイの引きに耐える筆者(串本町田子で)】

更新)