AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

釣っとコラム 丸々のイズスミに舌鼓

 グレ釣りに出掛けた友人から「50センチ弱のイズスミを釣ったけどいる? 丸々と太ってるよ」と電話があった。二つ返事でもらうことにした。

 仕事を終えて、指定された所へ”迎え”にいった。サイズ的には物足りなさを感じたが脂が乗っているのが見て取れた。「これはうまい」と独り言。

 紀南でイズスミと呼ばれる魚は、全体が銀白色で背が青っぽく見える「イスズミ」と、茶褐色でくすんだ感じの「ノトイスズミ」がいる。今回はおいしいノトイスズミの方だ。

 自宅に持ち帰り、水炊き用に調理開始。うろこを剥ぎ取った後、肛門から腹を割って内臓を付けたまま頭部を切り離す。この時、内臓を傷付けないのがこつ。

 イズスミで一番おいしいのは内臓なので、下ごしらえにも一手間かける。腸や胃、肝臓などをちぎれないよう丁寧にばらす。内容物をしごいて出した後、手頃なサイズに切って下ゆでする。この時ごみを丁寧に取る。あとは三枚におろした身を食べやすいサイズに切るだけ。

 昆布でだしを取り、ハクサイやネギ、シイタケ、糸こんにゃく、豆腐など好みの食材と一緒に炊く。薬味を入れたポン酢をくぐらせて食べる。書いているだけでよだれが出てくる。

 一般的にイズスミは敬遠されがちな魚である。釣ったとしても「ババタレかっ」と海に蹴り落とされることも。しかし、うまく調理すればおいしい魚である。一度挑戦してみては。

(海)


写真【食べられるように調理したイズスミの身と内臓】

更新)