AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

ルアーでチヌ狙い 50センチ超やキチヌも

 近年、ルアーでクロダイ(チヌ)を狙う釣りがはやっている。全長50センチを超える大物チヌとの遭遇が多く、キビレとも呼ばれるキチヌなども釣れる。まだ暑い日が続いており、夜釣りに出掛けても面白い。

 さおは専用も売られているが、2〜2・4メートルの柔らかめのルアーざおで対応できる。道糸はPEラインなら0・8〜1号、ナイロン糸なら3号ぐらいを使う。リーダーはフロロカーボンの2〜4号。

 ルアーはワームを使う人が多く、長さ5センチほどのカニやエビを模したものが人気。ジグヘッドは3〜7グラム。ミノーやチヌ用のラバー付きジグでも狙える。詳しいことはルアーを扱っている釣具店で聞けば教えてくれる。

 釣り方は至って簡単。ただ投げて巻くだけ。チヌは漁港内や河口、砂浜など、さまざまな所に出没するので、マイポイントを探る楽しさもある。海底を引いてくるので根掛かりは多くなるが、めげずに攻めよう。根掛かりしにくいジグヘッドも売られている。

 まずめ時も狙い目。外道ではカサゴなどの根魚が釣れてくる。一度挑戦してみては。(海)


写真【ソフトルアーで釣り上げられた全長40センチ近いキチヌ】

更新)