AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

大型連休は家族釣り サビキやズボ、一本針

 まもなく大型連休。家族釣りにはサビキや一本針仕掛け、ズボ釣りなどがおすすめ。サビキや一本針仕掛けでは小型のアジやイワシ、ズボ釣りではカサゴが狙える。

 田辺市の釣具店によると、今サビキで釣れている魚種はどれも10センチ未満が多く、針のサイズは豆アジ用の0・5〜2号が人気。サビキの種類はその日の状況で変わるようだが、人気はピンク系のスキンやハゲ皮。アミエビに似たタイプもある。

 引きが楽しめる一本針仕掛けは簡単。3・6〜5・4メートルののべざおに1号前後の道糸を付ける。ハリスは2〜5号の金袖針が付いた市販品を使う。刺し餌はアミエビか、オキアミを小さく切って使う。少量のアミエビをぽろぽろまき続けるのがこつ。餌を食べるのを見ながら当たりを取るのもいいが、小さなウキを使っても楽しい。よく釣れる時間帯は朝夕のようだ。

 ズボ釣りの仕掛けは、3〜5号の道糸に8〜13号ほどの大きめの針を直接結ぶ。20〜30センチぐらい上にさおに合わせて1〜5号の重りを付ける。市販の仕掛けはオールインワンで簡単だ。さおは短めの磯ざおでもいいが、2メートル前後の硬めのルアーざおが使いやすい。餌は魚の切り身やオキアミ、海産エビなど。釣り方は物陰や岩の間などを探っていく。

 このほか、砂浜や堤防から20〜30メートル投げるチョイ投げでキスが狙える。ルアーざおや太めの万能ざおを代用する人も多く、重りは5〜15号程度の軽めが主流。仕掛けは2本針にしてハリスも短い方が絡みにくく扱いやすい。餌はゴカイだが、最近は人工ゴカイを使う人もいる。 (海)


写真【サビキで釣り上げられた小魚(和歌山県田辺市で)】

更新)