AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

狙え大物イシダイ 春に70センチ超

 春分の日を過ぎ、大型イシダイの釣れる季節が訪れた。今年は黒潮大蛇行の影響などで時季が遅れているようだが、すでに70センチ前後の大物が釣り上げられたという情報もある。釣り人はこれからと期待している。

 田辺市内の釣具店によると、今はぽつぽつと数は少なめだが、このまま季節が進むと串本町―紀東から釣れて、その後、すさみ町や白浜町でも釣れだすとみている。

 この時季の餌は貝類がメインになる。サザエやトコブシ(ナガレコ)が入手しやすい。サザエの大きなものは1個掛け、小さなものは数珠掛けにして使う。ナガレコは大きなものは切って数珠掛けにする。サルボウガイなども登場している。ヤドカリは高い餌だが、本アタリが出た時などに使うと、一気に舞い込むこともある。ここぞという時のために何個か用意しておくのも面白い。

 仕掛けは、針16〜18号、ハリスワイヤ36、37番、道糸は24〜26号など、太めを使う釣り人が多い。


写真【これから狙える良型のイシダイ】

更新)