AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

ルアーでアマゴ狙い サイズ狙いと数釣り

 近年、ルアーでアマゴを狙う人が増えている。釣り人によると、季節にもよるが、サイズ狙いと数釣りが楽しめるという。今釣れているのは全長15〜20センチが中心で、まれに25センチが交ざる程度。今後、水温が高くなれば、さらなる良型が増えてくるようだ。

 田辺市内の釣具店によると、さおは専用のトラウトロッドを使うという。一般的には5〜5・6フィートだが、サイズ狙いの場合は少し長めの6フィートを選ぶ釣り人が多い。

 道糸はナイロンなら1〜1・5号。PEの場合は0・3〜0・4号でリーダー(1〜1・5号)を付ける。ルアーは4〜6センチのシンキングミノー。スプーンやスピナーも人気が高い。ミノーのカラーはヤマメタイプやアユタイプなどのナチュラル系が人気だが、ゴールド系も反応がいい。スプーンはアピール力のあるゴールド系が売れ筋。活性の低い時はシルバーが良い時がある。さおで細かなアクションを付けなくても、ルアー任せのただ巻きでも釣れるようだ。

 最近はメーカー品にこだわらなければ、安価の専用ざおやリールが売られている。遊漁券が必要だが、入門はしやすくなっている。(海)


写真【ルアーで釣り上げられたアマゴ】

更新)