AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

大阪フィッシングショー 2月3、4日一般公開

 釣り具メーカーなど180以上が出展する「フィッシングショーOSAKA2018」が2月3、4日、大阪市住之江区南港のインテックス大阪で一般公開される。両日とも午前9時〜午後5時。入場料は一般1400円(前売り1200円)、中学生以下無料。大阪釣具協同組合主催。

 恒例の「釣り具の即売会」は4号館。関西有力釣具店など5店が出店する。「お楽しみ大抽選会」は、抽選券付き手提げ袋(500円)を購入するとくじを1回引くことができる。空くじなしで釣り具や電化製品などが当たる。6号館Aゾーンでは書籍やビデオの販売がある。

 こどもお祭り広場(中学生以下、1回200円)では、ぶるぶると震える魚のぬいぐるみを釣り上げる「釣り堀ゲーム」をはじめ、「福袋釣り」「キャラクターすくい」「輪投げ」などがあり、子どもと一緒でも楽しめるようになっている。

 グルメコーナー(4号館)では、和歌山市「紀州黒潮市場」で好評のマグロ解体実演と即売があり、特産品販売コーナーも特設する。屋外特設会場には各地のグルメが並ぶまんぷく屋台村が出る。

 この他、釣り名人(村田基、小塚哲矢、児島玲子、松田稔ら)による「フィッシングスクール」、「体験仕掛&釣り方教室」、中学生以下と女性対象の「体験マス釣り」などがある。出展者展示ゾーンは6号館A・Bゾーンと3号館。

 前売り券はローソンやファミリーマートなどのコンビニエンスストアで買うこともできる。問い合わせは、大阪釣具協同組合(06・6531・0987)へ。


【フィッシングショーをPRするポスター】

更新)