AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

夜釣りでクエ狙い 残暑厳しい紀南の夏

 まだまだ残暑が厳しい。こんな時は夜釣りでクエ狙いがおすすめ。釣り人によると、まれに重さ20キロほどの大物も出るが、5〜10キロの手頃なサイズが中心になるという。

 仕掛けはワイヤハリス30〜36番、針22〜40号。重りは10〜50号で水深や潮流によって変える。重りを付けない場合もある。餌はムロアジやメジカ、サバ、イカなどだが、その場で釣った小魚を背掛けにして泳がせても面白いかもしれない。

 さおは硬めのイシダイざおでも代用できるが、20キロぐらいまでのクエに対応できるライトクエざおも販売されていてる。各メーカーからさまざまなタイプが出ており、体力に合わせて選ぶとよい。

 リールは道糸30〜50号が100メートル以上巻けるものを使った方がよい。実際は50メートルもあれば十分だと思うが、高切れした時に困るので余裕を持って挑みたい。

 さお受けは値が張るが一本足のピトンが便利。安価なものでは石突に取り付けるロータリーピトンがある。特殊なものだと板バネ式も売られている。

 相手が大物だけに複数人で出掛けて安全に楽しもう。ギャフや救命具、予備のライトなども忘れずに。 (海)


【夜釣りで狙えるクエ】

更新)