AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

梅雨明けにアイゴ狙い 釣り味抜群

 梅雨が明け、紀南沿岸でアイゴ釣りのシーズンがやって来た。この時季はサイズが全長30センチ前後とまずまず。引きが強く釣り味は抜群だ。

 釣り人によると、仕掛けはグレのフカセ釣りと同じものを使う。当たりが繊細なため、メインには棒ウキを使うが、風波がある時は球ウキに変えるという。ウキの浮力は0・5〜1号。重りを足して棒ウキ先が5、6センチになるように調整すると当たりを取りやすいようだ。ハリスは2〜3号、針は伊勢尼4〜8号。

 田辺市内の釣具店によると、餌は酒かす、サナギ、専用の練り餌など。まき餌は専用のものも売られているが、サナギのミンチにアミエビやオキアミなどを混ぜて独自のブレンドを作る人もいるという。

 引きはなかなか強烈で、さおを根元から気持ちよく曲げてくれる。ただ、背びれ、尻びれ、腹びれの毒とげには気を付けよう。 (海)


【田辺湾などで釣れるアイゴ】

更新)