AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

串本沖でカツオ釣れる オキアミ餌にフカセ

 和歌山県串本町でカツオが釣れている。オキアミを餌にしたフカセ釣りで、サイズは全長50〜60センチ、重さ3キロ前後とまずまず。多い人で10匹以上釣り上げている。

 釣り人によると、釣れているのは潮岬灯台沖。仕掛けは両軸リールにフロロカーボン10〜12号を300メートルぐらい巻いてヒラマサ針13〜14号を直接結び付ける。専用の針も売られている。さおは2・5メートル前後の船ざお。

 釣り方は数十メートル流して止めてまき餌をして当たりを待つ。待っている間もぽろぽろまき餌をする。当たりが来たら一気に取り込む。あまり遊ばすと他の人の仕掛けに絡んでしまうため。中には4キロ超の良型も交じり、キハダマグロも釣れてくる。キハダマグロを狙う場合はテグスをどんどん流した方がよいようだ。

 カツオは刺し身やたたき以外にも唐揚げやカルパッチョなどにしてもおいしい。 (海)


【フカセ釣りで釣れているカツオ】

更新)