AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

春は遠いがガシラの季節 ワームやキビナゴ餌に

 年も押し迫り、寒い日が続くが、紀南沿岸では春を告げる根魚カサゴ(地方名ガシラ)が釣れている。釣り人は「本番は2月から」と話している。全長25センチほどの良型も釣れている。

 気軽に楽しめることから、最近はソフトルアー(ワーム)で狙う釣り人が増えており、女性にも人気がある。

 ジグヘッドに好みのワームを付けて使うのが一般的だが、根掛かりをできるだけ減らすため、ダウンショットリグやテキサスリグで狙う釣り人もいる。におい付きのワームも売られている。釣り方は4、5メートル投げて着底してからちょんちょんと手前に引き寄せてきたり、海底をゆっくりはわせたりする。ポイントは根掛かりを恐れず、障害物の周りを攻めることだという。

 昔ながらのキビナゴやイカなど生餌を使った穴釣りも面白い。

 1・5〜2・5メートルの腰の強いさおを使う。釣り場に合わせて長いさおも選ぶ。道糸やハリスとも3〜5号。重り2〜3号、針は口が大きいので13号前後を使うと掛かりがよい。餌はスーパーや釣具店でも手に入るキビナゴが手っ取り早い。後は一穴一穴探りながら歩くだけ。夜は外に出ていることも多いので釣れる確率は高くなる。 (海)


【ワームで釣れたカサゴ】

更新)