AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

釣っとコラム 美味「スマ」食べる

 先日、ヤイトガツオと呼ばれるスマを友人から頂いた。印南町沖に出てジギングで釣り上げたようだ。

 昨年11月にきついぎっくり腰を患い、その後一進一退の状態が続いている。本格的な磯釣りには出掛けておらず、魚類の供給はもっぱら友人・知人の釣果に頼っている。

 友人からの「ヤイトいらんか」との連絡が入った。仕事が終わって自前のクーラーを持ってスマを迎えにいった。ついでにハマチなども頂いた。

 スマを食べるのは何年ぶりだろうか。カゴ釣りに出掛けていた時は、ヒラソウダに交じってちょくちょく釣っていた。1匹釣り上げると、友人と顔を合わせて「今日の仕事終わったな」と笑い合ったものだ。友人に感謝である。

 やっぱり一番おいしさが分かるのは刺し身。ワサビじょうゆとショウガじょうゆで食べた。薄ピンクの色が何とも言えず、脂の乗り具合も最高だった。片身は親戚にお裾分けした。

 スマはマグロの仲間では小ぶりな方だが食味は抜群。個人的にはクロマグロよりおいしいと思っている。「幻の高級魚」とも称され、県水産試験場(串本町)などが完全養殖魚の出荷に向けた研究を続け、そのかいあって出荷するまでに至った。完全養殖のスマを出荷するのは世界初のようだ。「まだ課題はあるが、産業化に向けた第一歩」と話しており、今後に期待したい。 (海)



更新)