AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

紀南でタチウオの気配 数少なく今後に期待

 紀南地方でタチウオの気配が感じられる季節になった。まだ散発的で数は少ないが、日高地方で釣れている所もあり、釣具店は「これから増えてきてくれれば」と今後に期待している。

 田辺市内の釣具店によると、タチウオ用の仕掛けは10月下旬から売れ始めたという。中心はキビナゴを餌にしたウキ釣りだが、テンヤやジグヘッドとワームを使ったルアー釣りも人気がある。

 ウキ釣りは、2本針を使う人が多い。キビナゴの頭と胴の部分に針を刺す。イワシやアジなど他の小魚でも代用できる。タチウオは針が掛かるまでに時間がかかるため、ウキが沈んで一息ついて合わせるぐらいがいいようだ。歯が鋭く、ハリスはワイヤやPEラインを使う。近くにケミカルライトを付けると食いがよいという。

 テンヤ釣りは、専用のゴム製ドジョウを本体に固定。あとは投げて引くだけ。ドジョウは白い蛍光色が好まれる。生餌を付けた方が釣果がよいという釣り人もいて、中にはタチウオの尻尾を利用している。道糸はナイロンの2〜4号、PEライン1〜2号。ジグやワームは専用のものも売られている。

 一般的には朝夕まずめが時合だが、場所によっては夜が明ける前にピークを迎える。


【釣れだす気配が感じられるタチウオ】

更新)