AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

「竹中さんの訃報」

 上富田町朝来出身で、日本IBMの元専務、竹中誉氏の死去を本紙記事で知った。私は少年時代から親しかったから、思い出は尽きない▼父上は医者として地域医療に生涯をささげられた。兄2人を含めた「竹中3兄弟」はそれぞれの分野で名を成した。長男の文良氏はがんの専門医で、私の旧制田辺中学の同級生。自身もかかったがんの闘病記『医者が癌にかかったとき』は評判を呼び、その後のがん患者支援活動を含めて菊池寛賞に輝いた。次男の〓(あきら)氏は保険業界の大物だった▼兄弟3人とも交友関係は広く、趣味も豊かだった。そろって歌がうまく、兄弟競演の宴席に同席したことも得難い思い出だ▼歌手の坂本冬美さんが同郷出身ということもあり、誉氏はその東京後援会長をしていた。新宿コマ劇場の楽屋で彼女に紹介されたこともあった▼誉氏はコンピューター業界最大の巨人だったIBMの日本進出に貢献し、業界の発展に尽力した。広報部長だったころ、私に世界のコンピューター戦争の内幕を書いたらと勧め、おかげで素人の私が3冊も関連本を出版することができた▼このとき、米国のIBM本社訪問も実現し、IBM研究所にいたノーベル賞受賞者の江崎玲於奈博士に紹介された。この縁で家族ぐるみの交際にまで発展したのは望外の喜びだった▼同郷という縁で、常に私だけが受益者だった。本当に申し訳ないと、しみじみ思っている。 (倫)

〓は大に明


更新)