AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

「三日坊主の英会話」

 田辺市本宮町の船玉神社に近い熊野古道の分かれ道で、外国人のグループが地図を見ながら話していた。

 ▼道に迷ったのだろうか。英語は話せないが地図があるのなら道案内はできる。「メイ・アイ・ヘルプ・ユー」(どうしましたか)と片言で話し掛けたら「イッツ・オーケー」(大丈夫です)と返ってきたので安心した。

 ▼古道を歩いていると、日本人よりも外国人と多く出会う。すれ違う際に「グッド・モーニング」「ハロー」とあいさつはするが、それだけでは物足りない。そんな思いで書店に立ち寄ったら簡単な英語表現を2千語集めた本が目に留まり、思わず購入した。

 ▼英語の参考書なんて大学を卒業して以来。300ページ近い本で、なかなか手ごわそうだ。早速読んでみたものの予想通り、中身がさっぱり頭に入ってこない。「勉強してみよう」という思いは良しとして、記憶力と集中力が伴わない。かくして本は棚に置いたままになった。

 ▼「結果にコミットする」というテレビCMで人気のトレーニングジムは「三日坊主にさせない」というのが一番のノウハウだという。ジムでの成功を応用してゴルフや英会話、料理といった分野にも事業を広げている。

 ▼参考書には発音を録音したCDが2枚付いていた。そこで、それを通勤や外出時に自動車内で聞き流すことにした。手抜きとはいえ三日坊主よりはましだろう。学習効果を期待し、しばらくは続けてみたい。(長)

更新)