AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

「健康のありがたさ」

 子どもの頃から病気らしい病気にかかったことがなく、健康だけが取りえと信じていたが、50代後半になって急にがたが目立ち始めた。運動不足や不規則な食事の影響だろう。いわば手入れもせずに車を乗っているのと同じ。故障するのは当たり前かもしれない。

 ▼3カ月前から右肩が上がらない。俗にいう「五十肩」である。相談した友人や先輩から「しばらくすると自然に治った」という話を聞いて放置していたら、夏の終わりに症状が悪化した。専門医に診てもらうと「もっと早く来ていれば…。元に戻るには、相当時間がかかる」と宣告された。それでも「必ず治る」と励まされ、リハビリに取り組んでいる。

 ▼続いて健康診断で腎臓に結石が見つかり、先日、田辺市内の病院で除去手術を受けた。病室からベッドに寝たまま、テレビドラマの一場面のように手術室へ運ばれていく。「これから何が起こるのだろうか」。初めての経験に少しの緊張とどこか人ごとのような不思議な感覚。やがて麻酔が効いて意識が遠のき、目が覚めた時は手術が終わって病室に戻る途中だった。

 ▼その夜は、酸素マスクをつけたまま一睡もできず、術後も2日ほどは満足に動けなかった。情けない思いをしたが、適切な処置のおかげで予定通り1週間で退院できた。

 ▼いまは何事もなかったように働いている。でも、二つの病気で健康のありがたさが身にしみた。もっと体を大事にしよう。(河)


更新)