AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

「卒業メッセージ」

 スポーツの大会などで優秀な成績を収めた中高生を取材すると、多くの選手が指導者や保護者に対する感謝の言葉を口にする。それを見て「今の生徒は大したものだ」と感心する。

 ▼自分の中高生時代はどうだったか。スポーツと縁はなかったが、世話になった恩師はいた。大学まで行かせたもらった親も含めて、その人たちに「ありがとう」の一言を伝えただろうか……。

 ▼照れくさくて面と向かっては言えなかった。でも、伝える気持ちはあった。本紙2、8日付の中高生が卒業に際して「感謝の言葉」と「贈る言葉」を一挙に掲載する企画は、そんな思いから始まった。

 ▼紙面を通じて募集したほか、学校を訪ねた記者が取材相手の生徒やクラブの顧問らに趣旨を説明し、投稿してもらった。短い文面だが、感動的な内容が多く集まった。

 ▼実家を離れ、高校で寮生活を送っていた卒業生は、進学を前に両親へ「恩返しできるように頑張る」と書いた。中学生もクラブの送迎などで両親に「どんなときも支えてくれたおかげで楽しい日々が過ごせた」と感謝した。努力することの大切さを教えてくれた恩師や楽しい学園生活を支えてくれた後輩へのメッセージも多かった。

 ▼投稿した人からは「普段伝えられない気持ちをこういう形で伝えることができて良かった」という声を頂いた。新聞を読んで温かい気持ちになってもらえるなら、作り手として、こんなにうれしいことはない。(河)



更新)