AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

「初夢」

 昔は初夢で「一富士、二タカ、三なすび」を見ると吉とした。富士は不老長寿、タカは出世、なすびは多産を象徴する。逆に悪夢を見たら翌朝、宝船の絵に獏(ばく)と書いて川に流した。獏は夢を食べてくれる架空の動物だ。

 ▼こんな受け身の日本に比べ、万事自己主張の強い欧米では「今年こそこれを」と自分の心に「新年の誓い」をする。禁酒、禁煙、ダイエットがいつも上位に並ぶが、それほど実現困難ということだろう。ある調査では、3週間で3割の人が誓いの実行を諦め、半年もすれば多くが脱落するらしい。

 ▼世界の運命に深く関わる指導者たちは、今年はどんな初夢を見たか。好評、悪評半ばする中で米大統領の地位に就くトランプ氏、日ロ交渉をマイペースで押し切ったロシアのプーチン大統領、南シナ海支配を夢見る中国・習近平総書記はどんなことを誓ったか。韓国ではどの候補が大統領の夢を手にするか。

 ▼読者が見る今年の初夢は何か。本紙の報道では県外から移住、定住者を呼び込み、にぎわいを取り戻したい、でも、カジノ誘致は地元の利益になるかどうか慎重な見極めが必要、などの声がある。熊野本宮大社では九鬼家隆宮司が「励まし、励まされながら、大きな和が生まれる年に」と「励」の字を大筆書きに選んだ。

 ▼一方で、田辺市内の空き店舗はますます増えている。「これはもうご免」と、獏に食わせたい悪夢の続きも結構あるようだ。 (倫)



更新)